×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そらまめ収穫結果

<2006年の収穫>
32莢(53豆)/6苗/2プランター
5.33莢/8.83豆/1苗)


<2007年の収穫>
56莢(116豆)/7苗/2プランター
8.00莢/16.57豆/1苗)


<2008年の収穫>
54莢(79豆)/16苗/2プランター
3.38莢/4.94豆/1苗)


<2009年の収穫>
10苗群:45莢(79豆)/10苗
4.50莢/7.90豆/1苗)
5苗群:30莢(60豆)/5苗
6.00莢/12.00豆/1苗)


<2010年の収穫>
5苗群:44莢(93豆)/5苗
8.80莢/18.60豆/1苗)
3苗群:30莢(69豆)/3苗
10.00莢/23.00豆/1苗)


<2011年の収穫>
3苗群:37莢(71豆)/3苗
12.33莢/23.67豆/1苗)
2苗群:36莢(75豆)/2苗
18.00莢/37.50豆/1苗)




★在庫あり★ビールが注がれたグラスのようなポットに注目♪◎【そらまめ栽培セット】

WELCOME TO MY HOMEPAGE !

いきなりですが、ベランダで空豆(そらまめ)って作れると思いますか?それができちゃうんですよぉ!しかもプランターで。ただ、よく見かける畑などの空豆は背丈が1mくらいありますが、それはベランダでも同じこと!それなりの覚悟が必要です... 我が家の場合、ベランダが狭いので非難囂々です。しかし、バスタオル1枚くらいのスペースがあれば十分できるので、肩身の狭い思いをせずにできると思いますよぉ。

空豆栽培の面白いところは、なんと言っても右の写真のように、スーパーなどで買ってきた空豆とほとんど同じものが収穫できることです。それと、野菜市場などで「朝採れ、新鮮です!」と謳っているものよりも、明らかに新鮮で甘くて美味しいんです。あと、ホントに長期戦になるので愛情が入ってしまうことですね。大事に大事に育ててきた空豆とお気に入りのビールのコラボレーションが叶ったときは、これはホントに最高の瞬間です!

そんな感じで空豆のベランダ栽培を長いことやってきたわけですが、デジカメを購入してからの栽培記録を公開しながら、種蒔きから花が咲いて実がなるまでの過程や収穫祭なども紹介していきたいと思います。また、空豆のマメ知識やちょっとした企画も計画しておりますので気長にお付き合い下さい。空豆栽培は晩秋からゴールデンウィーク頃までとかなり長期戦になりますので、たまに気が向いたときにでもお立ち寄り頂ければ幸いです。

更新履歴